菱信工業株式会社 冷凍・空調装置の販売、設計、施工、メンテナンス

採用情報
CSR行動指針

管理職というのは、会社の状況と今後進むべき道(方針)を、社員へ伝えていく役目があります。森で例えるなら、森の状態を伝えながら、1本1本の木の様子を観察し、また、葉を見ながらこの葉をどのように育てるかを考えていく事ですね。
トラブルが起きた時は早めの対応を心掛け、組織の中での責任を大切にしています。
決して伸びた木や、伸びた葉を摘む事はしないですね。
ちょっとおせっかいなくらい、社員を大切に思っています。
また、わが社は、家族的経営を目指しています。社員の方の家族とも信頼関係を結びたいと考えています。森で説明すると、根っこの部分になりますね。根っこがしっかりしているからこそ、嵐にも負けない丈夫な木に、森になっていくのだと思います。大切なお子様をお預かりしているという責任感をいつも感じています。
社員の皆さんがどうしたらやる気になってくれるのか、一つ一つの事を丁寧に考えながら、日々一人一人と向き合っています。
なぜなら、会社にとって、社員は「宝」だからです。

管理職までの道のりは?

●技術職

技術として入社しました。入社して15年で技術課長になりました。
それから12年の間、技術部課長として働き、その後は営業へ配属。
当時の上司が、お金の有難さを勉強する為に、営業への配置転換を采配。

●営業職

営業では、小さい事の積み重ねを大切に、種まきを続けました。
あきらめない心で営業を続けた結果、何千万の仕事を受注した時は嬉しかった。
また、地道に努力を重ねた結果、信頼関係も生まれました。
技術で商材を理解し、営業でお金の大切さを学び、信頼関係を結びながら、
管理職へ。営業になって6年。営業部部長兼技術部部長になりました。

●管理職

管理職になると、責任もついてきます。トラブルが起きた時には早めの対応を
心掛け、なるべく皆さんで解決できるようにサポートしています。
この立場だから人も智恵も集められる。大切な事だと思います。

未来の管理職を募集しています

私も若い頃はいいかげんでした。長く続けるうちに、誠実にならざるを得なくなってくるんです。前に進もうとすると、「誠実」な対応をするしかありません。
環境の変化にまず先陣を切って自分が変わっていく事が大切です。初めから管理職にはなれませんが、地道な努力を重ねて、じっくり取り組む事が大切です。

TOPへ